黒汁をAmazonで買うと5000円以上も大損!最安値はココ

住谷杏奈さんがプロデュースした今話題の黒汁ですが、少しでも安く購入したいと思ってAmazonや楽天、ヤフーショッピングなど様々な所を調べた結果、Amazonで購入しようとすると最安値と比べて5000円以上も大損してしまう事が分かりました。

少しでも安く買えるように、どこで購入するとお得に購入できるのかご紹介していきます。
 

見てみて!amazonで販売されている黒汁の最安値がこれ

「Amazonの画像」

見ての通り7月19日の価格は単品で13000円もしますが、残り3点と言う事で定価よりも高い価格でもかなり売れている事が分かります。

また、口コミには「半月で4000円値上げしている」と書かれているので、Amazonで販売されている黒汁は徐々に値上がりしているようです。

かなり高い金額でも売れているAmazonの黒汁ですが、他の通販サイトではいくらで販売されているのか比較してみました。
 

  • 楽天 ✖ 販売無し
  • ヤフーショッピング 13500円(最安値)
    送料0~2000円
  • Amazon 13000円
    送料無料
  • 公式サイト 単品 7450円(税抜)
    定期コース 初回7450円→1960円(税抜)
    送料無料

通販サイトを調べた結果、公式サイトが7450円で購入できるので、Amazonやヤフーショッピングよりも5000円近く安く購入できることが分かりました。

また、市販でも販売されていないか「ドン・キホーテ」「マツキヨ」「コスモス」「ドラッグストア」「ホームセンター」など探してみましたが、市販は一切されていませんでした。

以上の事から、黒汁を購入するならAmazonやヤフーショッピングではなく公式サイトで購入するのが1番安く買える結果となりました。

それに、定期コースで購入すると初回1960円で購入できるので、絶対に黒汁でダイエットを頑張るという人におすすめです。

※メルカリやヤフオクでも売られていますが、賞味期限が短くなっていたり商品が送られてこない場合などがあります。

また、賞味期限が短くなっていると成分が薄れていき、効果を実感しにくくなってしまうので、できたてを購入することをおすすめします。

 

黒汁のおすすめの飲み方

黒汁を水だけで割って飲むのが1番カロリーが少なくてダイエットには良いのですが、水だけで割るとお腹が空くのが早くて挫折しやすいので、水以外の物でおすすめの物を3つご紹介します。
 

おすすめの飲み方 第1位 無調整豆乳
断トツでおすすめしたいのが無調整豆乳で割って飲むやり方です。

豆乳にはイソフラボンなど特に女性に良い成分が含まれていて、美肌効果や便秘解消、生理痛の緩和や更年期障害、さらにはバストアップ効果まであると言われています。

実際、私も毎日のように無調整豆乳で割って飲んでいたんですが、肌荒れや便秘の解消、そして生理痛も緩和するなど様々な効果を実感する事が出来ています。

※豆乳の過剰摂取について
豆乳を過剰摂取してしまうとホルモンバランスを崩して生理痛が酷くなったり更年期障害のような症状が出る事があるそうなので、豆乳の1日あたりの目安は200ml~400mlまでにしておきましょう。

 

おすすめの飲み方 第2位 炭酸水
2位に選んだのは炭酸水。

炭酸水なら空腹感を紛らわせる事が出来るし、疲労回復や整腸作用、血行促進に美肌効果もあるという優れ物なんです。

だけど、炭酸水を少しだけ飲むといった飲み方をすると胃腸が活発になってしまい食欲が増してしまうので、炭酸水を飲む時は1度に300ml以上飲むといった飲み方をすると効果的です。

尚、炭酸水は1日に1.5Lほど飲めるのがベストで、上限は2Lまでにしておきましょう。
 

おすすめの飲み方 第3位 ヨーグルト
3番目に選んだのは飲み物ではないですがヨーグルトです。

ヨーグルトに黒汁を混ぜて飲むことでお腹の調子も良くなるし空腹感も紛らわせるので、飲み物では物足りないと感じたらヨーグルトに混ぜて食べてみてください。

尚、ヨーグルトの選び方ですが、ヨーグルトは人によって相性があるので、体調が良くなったり便通が良くなったと感じる物をスーパーなどで選んでみてください。

※ヨーグルトの中には香料や人工甘味料などが入っている物がありますが、あまり身体に良くないので、できるだけ生乳だけで作られているヨーグルトを選びましょう。

 

黒汁と相性の良い運動には何があるのか

摂食制限中は食事の摂取量や水分の摂取量が大幅に減ってお通じが悪くなる人が目立ちます。今ブームのダイエット茶を飲用して、腸内のはたらきを改善させましょう。
ダイエット方法につきましてはいっぱいありますが、なんと言っても効果が望めるのは、心身に負担をかけない方法を確実に継続し続けることなのです。一歩一歩進んでいくことこそダイエットに必要なのです。
EMSを活用すれば、筋トレしなくても筋肉を鍛え上げることが可能なことは可能ですが、脂肪を低減できるというわけではないのです。総摂取カロリーの低減も主体的に行なう方が断然効果的です。
満腹になりつつカロリーを削減できると話題のダイエット食品は、細くなりたい人の必需品です。エクササイズなどと同時期に導入すれば、効率的に脂肪を燃焼させることができます。
シェイプアップ中に食生活にヨーグルトを取り入れるなら、ラクトフェリンに代表される乳酸菌が入ったものを選ぶと効果的です。便秘が治まり、脂肪燃焼率が向上すると言われています。

流行のラクトフェリンを補えるヨーグルトなどの食品は、ダイエット期間中の小腹満たしに最適です。腸の状態を上向かせるのと並行して、低カロ食材として空腹を解消することができます。
毎日の仕事が忙しくて余裕がない時でも、朝昼晩のうち1食をスムージーなどと取り替えるだけならたやすいでしょう。無茶をせずに続行できるのが置き換えダイエットの取り柄だと言ってよいでしょう。
真剣に体重を落としたいなら、ダイエット茶ひとつでは困難だと思います。さらに運動や食事の見直しを実施して、摂取エネルギーと消費エネルギーの割合を覆しましょう。
「つらいトレーニングをせずに6つに割れた腹筋を出現させたい」、「脂肪がつきやすい太ももの筋肉を強化したい」と言う人に重宝すると評判なのがEMSです。
シニア層がシェイプアップを始めるのは病気対策の為にも不可欠なことです。代謝能力が弱まってくる中高年層のダイエット方法としては、簡単な運動とほどよい摂食の2つを主軸に考えるべきです。

日常生活の乱れが原因の疾患を抑制するためには、適正スタイルの維持が肝要です。40代以降の体重が減りにくくなった体には、かつてとはやり方が違うダイエット方法が必要だと断言します。
番茶やストレートティーも美味ですが、シェイプアップしたいのなら積極的に飲むべきなのは食物繊維やミネラルなどを摂取できて、脂肪を燃やすのをサポートしてくれるダイエット茶一択です。
「食事制限を開始すると栄養不良に陥って、ニキビや吹き出物などの肌荒れに見舞われてしまう」という方は、栄養たっぷりなのにカロリー調整をすることが可能なスムージーダイエットがベストだと思います。
流行のダイエット茶は、ダイエットしている間のお通じの悪さに頭を抱えている人に最適です。繊維質が潤沢に含有されているので、便を柔らかくして便の排出を促す効果が期待できます。
きつい食事制限は途中で心が折れてしまいがちです。痩身を成功したいと考えているなら、カロリーの摂取量をセーブするだけで良しとせず、ダイエットサプリを利用してアシストするのがおすすめです。

黒汁ではなくプロテインだとどうなのか

プロテインダイエットを取り入れれば、筋肉をつけるのに欠かすことのできない栄養成分として有名なタンパク質を手間なく、しかもカロリーを抑えながら取り入れることが可能なのです。
中高年層は関節を動かすための柔軟性が失われているのが普通ですから、きつい運動は体に悪影響をもたらすことがあるので要注意です。ダイエット食品を導入してカロリーの低減を同時に行うと、効率的に痩せられます。
「苦労して体重を少なくしたのはいいけれど、皮膚がゆるんだままだとかお腹がポッコリしたままだとしたら最悪だ」という人は、筋トレを組み込んだダイエットをした方が期待通りの結果が出るでしょう。
EMSを使ったとしても、スポーツと同じように脂肪を燃やすというわけではないので、食事の中身の練り直しを一緒に実行して、多方向からアプローチすることが大切なポイントです。
スムージーダイエットのマイナス面と言ったら、大量の野菜や果物を準備しなければならないという点なのですが、最近では粉末になった製品も開発されているため、たやすく取りかかれます。

ダイエット中に必要なタンパク質の摂取には、プロテインダイエットを導入するのが一番です。日々の食事を置き換えれば、カロリーオフと栄養補給の2つを一緒に行うことができて一石二鳥です。
細くなりたいのなら、酵素入りドリンク、ダイエットサプリの服用、プロテインダイエットの利用など、多彩なシェイプアップ方法の中から、自分の好みに合うと思うものをピックアップして続けましょう。
流行のファスティングダイエットは、速攻で減量したい時に役立つやり方のひとつですが、体はもちろん、心への負担が多々あるので、ほどほどの範囲内で続けるようにした方がよいでしょう。
生理前や生理中のストレスで、油断してドカ食いして体重が激増する人は、ダイエットサプリを採用してウエイトの調整をすることをおすすめしたいと思います。
食事をするのが楽しみという人にとって、食事制限はイライラが募る要素のひとつです。ダイエット食品を有効活用して食べるのを我慢せずに摂取カロリーを抑制すれば、不満を感じずに痩せられます。

運動音痴な人や特別な理由で体を動かせない人でも、筋力トレーニングできるのがメディアでも話題のEMSというアイテムです。電源を入れれば体の内部にある筋肉をオートコントロールで動かしてくれるところがメリットです。
ダイエット食品と申しますのは、「味が薄いし食べた感がない」という印象が強いかもしれないですが、昨今は味わい豊かで食事の楽しみを感じられるものもいろいろ市販されています。
カロリー制限したら便秘気味になってしまったという場合の解決策としては、ラクトフェリンみたいな乳酸菌を普段から補給することを心がけて、腸の状態を正常化することが要されます。
シェイプアップを成功させたいと思うなら、週末に行うファスティングを推奨します。断食でいらない水分や老廃物を排出し、基礎代謝を強化することを狙います。
日々のダイエット方法をしっかり実行し続けることが、何にも増してストレスを感じずにばっちり痩身できるダイエット方法だというのが定説です。